--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-31(Thu)

トライフル

ご無沙汰いたしました。
体調が悪いわけではないのですが、
少々忙しかったのと、暑さのためにパソコン開く元気がなかったのです。
末っ子がお昼寝をしたら、ささっと用事をかたづけて自分もお昼寝。
夜は夜で子供を寝かせつつ、そのまま自分も朝まで…。
いったいどれだけ寝るのだ?!w

さてさて、久しぶりに手作りしたのは、またお菓子だったりするのですが…。
実は、コレが使ってみたかったのです。
conv0003 (7)
真っ黒な液体。
なんだかわかります?
これね、コーヒー酒なの。

コーヒー酒の分量は、
ホワイトリカー300ml
コーヒー豆(豆のまま)18g
氷砂糖18g
で、これを全部瓶に入れて置いておくだけ。
待つこと3週間以上。

どんな味がするのか興味があったので作ってみたのですけど、
この色を見るとそのまま飲む度胸が…。
でも、よく考えてみるとコーヒーリキュールってありますよね。
じゃ、お菓子作りに使えるかも。
と思い立ち、コーヒー味のトライフルにチャレンジ。
トライフルって、もともとはあるものを組み合わせて作るお菓子のことをいうらしいですね。

<材料>
卵黄 4コ分
砂糖 80g
薄力粉 55g
牛乳 350cc
水 小さじ1杯
インスタントコーヒー小さじ1杯
コーヒーリキュール 小さじ1杯
スポンジケーキ 1枚
8(A)┌ インスタントコーヒー 大さじ1杯
  │ 水 80cc
  └ コーヒーリキュール 大さじ2杯
フルーツ缶詰
生クリーム 200cc

<作り方>

1. 鍋に卵黄と砂糖を混ぜ、ふるった薄力粉を加えてよく混ぜます。
 牛乳と、水で溶いたインスタントコーヒーを加えてさらに混ぜます。
 これを火にかけ、なめらかになるまで混ぜながらあたためます。
 焦がさないように注意。
 カスタードクリームができたら別の容器に移して冷まし、コーヒーリキュールを加えます。
2. スポンジケーキを適当な大きさの角切りにして、合わせた(A)をハケで塗ります。
3. フルーツ缶は汁気をよく切ります。
4.生クリームはホイップします。
5. 器に1.、2.、3.の順に重ねて入れ、最後に4.のホイップクリームと フルーツを色どりよく飾りよく冷やします。
conv0002 (8)
完成♪
今回スポンジは購入したものです。
さすがにこの暑さ、作る元気はなかったです。
我が家のカスタードクリームは砂糖を少々控えました。
甘さ控えめで食べやすかったです。
コーヒーの香りがとってもよくて、おいしかったです~。
コーヒーリキュールは買って作っても一緒だと思うけど、簡単に作れるので、作ったほうが安上がりかも?
ほんの少しでも作れるし。

コーヒーリキュールってカルアミルクとかも作れるのですねー。
今度チャレンジしてみようと思います。




スポンサーサイト
2008-07-19(Sat)

土用干しその後

先日は、次女の体調をご心配いただきましてありがとうございました。
喘息の発作はその後起こっておりませんが、
行動観察がよほどこたえたのか、喘息の発作後の不安感なのか、
いつも以上の甘えっ子になっております。

さて、梅干しですが、2日目は夕方にちらっとにわか雨が降りましたが、
それまでまる1日干すことができまして、ちょっと色づいてまいりました。


前回の記事にも掲載しましたが、干す前の梅。
conv0004 (5)

これは、2日目干し終わった夕方の梅。
conv0003 (6)
ね?すごく梅干しらしく美味しそうになったでしょ?

んで、梅干しを触っていると、ひとつ皮が破けちゃってね。

これはもう干せないなぁ…どうすっかなぁ…。

うふ。 うふふ。

仕方ないなぁ…というわけで、お味見をw

さすがにお店で買うものよりもちょっと塩っ気が強めです。
でも、自分で作った愛着?もあって、おいしいんですよ~これが。

ベランダで梅干しと洗濯物が共存するようすを見た夫。

「会社で梅干しくさいですよって言われないかなぁ…
フルーティな香りがしますよって言われるかなぁ…」

とか

「いっこ、食っちゃったの?89個になっちゃったの?
本当はもっと減ってない?!」

とか

毒づいてばかりだったのですが、

金曜日、2人(と三女)でお出かけするにあたって、
「お天気、ヤバイかもよ?梅干しは入れといたら?」

帰ってきたら一番に、
「雨降ってないよ、梅干し外出さなくちゃ」

なんて、結構私より親身になってあげています。

今朝は今朝で、積極的にベランダへ。
梅干しは、今日はベランダで夜明かしをします。
夜露干しといって、夜露にあてると梅が柔らかくなるのですって。
それで土用干し終了。

今も
「梅干しいつまで干すの?」と聞く夫に、
「明日の朝とりいれて終わりだよ」と言うと
「じゃ、明日は梅干し茶漬けだな♪」ですって。

冷めた風を装って、意外と楽しみにしてんじゃーーーーん!


さて、おまけ。
これ何の花だかわかります?
conv0001 (8)
オクラなんですよ!オクラってこんなきれいな花が咲くのですね。

そして、トマト大収穫。
トマト好きの三女が独り占めするの図です。。。
conv0002 (7)
一度に8個も収穫できました。
完熟で採るからなのか、トマトの味が濃くておいしいのです。

2008-07-16(Wed)

土用干し

昨日は、次女の3歳児健診でした。
3歳児健診って、結構いろいろな検査があります。
視力、聴力、検尿、そして行動観察。
行動観察と言うのは、子どもだけが個室へ呼ばれ、そこでナントカ療法士さんとお話をするもの。
部屋に入る時から不安そうだった次女。
出てきたときにも、泣きそうな顔をしていて、私の顔を見てやっと笑顔が見えました。
ナントカ療法士の先生からも「人見知りをされますか?」などいくつか質問を受け、
部屋の中では、質問には答えてくれるけれど、つねに涙目でしたと教えてくれました。
それから帰ってお昼寝中、喘息発作が起こりました。
もう1年近くも発作はなくて「本当に喘息なの?」と思いつつ薬を飲ませていたくらいで、
前日にも、月に一度の受診を済ませたばかりだったので、信じられませんでした。
でも、聴診器をあてると確実に喘息の胸の音。
とりあえず、吸入をして薬を飲ませ、落ち着いて、夜も発作が起こることもなく眠りました。
今朝、病院へ連れて行って先生と話をする中で、
「たぶん健診の行動観察がものすごいストレスとなったのでしょう」とお話がありました。
そういう環境って、子どもにとっては、ものすごいストレスなのですって。
手作りとは関係のない家庭の事情で申し訳ありませんでしたが。
そういったことで、本日はお出かけの予定をキャンセル。
病院も思いのほか早く終わったので、帰ってきて土用干しをすることにしました。
本当は明日からの予定だったのですが、
今週の週間天気予報は、週末までずっと晴れだったので、早いほうがいいかな、と思いまして。
というか、あちこちで土用干しを見かけるようになり、すでに待ちきれない状態w

今日干すのは、5月の末に南高梅を漬けた「白梅(もみしその入っていないもの)」の方。
落としブタを取り除くと…
conv0002 (6)
梅酢も上がってきてて、いい感じ(だと思うw)。

これを「干しざる」というものに並べる。
conv0005 (4)

このように。
2キロの梅で干しざるがちょうど1枚分。数えてみたらなんと90個ありました。
数えるなんて、ヒマ人ですか?
そうですよねw
conv0003 (5)
梅酢も一緒に日光消毒。

で、干して3時間くらいで一度裏返します。
そうしておかないと、梅酢がまだ残っている梅は、ざるにくっついちゃうんですって。
裏返しに行ってみたら、梅干しのとってもいい香りがしています。
夕方まで干して取り込みました。
まだ、色はそれほどついていません。
こうして3日ほど干すと、色がつくのですって。
皮も柔らかく、梅の実と種が離れやすくなるらしいです。

出来上がりが楽しみ~♪

と思っていたら、帰ってきた夫が。。。
「でも明日から天気悪いよ」
…マジデスカ…?
「でも週間天気予報は週末まで晴れだったよ?」と言うと
「でも、天気悪いんだもん、しかたないよ。もっと早く干してればよかったのに」
と心ないお言葉。
…だって今週は、次女を病院へ連れて行ったり、健診だったりで落ち着かなかったんだもの。
お天気が悪い場合はお休みするのかなぁ?
そんなことは書かれていないのよね。
3日間お天気の日を選ぶのが前提なので…。
どうなるかなぁ…。
明日も晴れろ~!の念を送り続けるほかないね!!
2008-07-12(Sat)

新生姜の甘酢漬け

今年ははじめて新生姜の甘酢漬けにチャレンジしました。
珍しいものでもないし、いつも作ってらっしゃる方も多いでしょうけれど、ご紹介します。

<材料>
・新生姜200g
・甘酢の材料
 ・酢1/2カップ
 ・砂糖1/4カップ
 ・塩少々

<作り方>
1 生姜は皮を薄くむきます。
  包丁でこそげるときれいにむけました。
2 薄くスライスして、水に10分以上さらす。
  スライサーを使って薄く薄くしました。
3 甘酢の材料を鍋に入れ、砂糖を溶かす。
  甘酢を瓶などに入れる。
4 鍋にたっぷりの湯を沸かし、水を切った生姜を入れ、はしでませながらしんなりするまで茹でる。
5 手早く引きあげ、温かいうちに甘酢に漬ける。


完成品です。
漬けて4~5時間くらいから食べられるけれど、2~3日漬けておくと美味しくなるそうです。
conv0001 (6)

生姜って甘酢に漬けると、じわっとうすいきれいなピンク色にかわるんです。
聞いてはいたけれど、実際に見るとちょっと感動しました。
生姜のピンク色って、こうやってできる自然な色なんですね。
これまで知りませんでした。

そして、作って本日で3日ほどになるので食べてみました。
そのまま食べても、おいしいけれど、私としては、もうちょっと甘めの方が好みかな。
今度作る時は少し砂糖を多めにしてみようと思います。




今日は、子どもたちと一緒に屋島水族館へ行ってきました。
イルカやアシカのショーを見て、とっても楽しい時間を過ごしました。
水族館から駐車場まで、屋島から海を眺めながら歩くのですが、
展望台のところで、ちょうど梅干しの土用干しをされているのを見かけました。
うちもそろそろなのかなぁ…と思いながら帰ってきました。
こんな光景、自分が梅干しをつけてなかったら目につかなかったかもしれないなぁ。
でも、廃れてきているとはいえ、観光客の多い展望台で土用干しってどうなんだろうね?
いたずらされたりひっくりかえされたりしないのかなぁ…。
…余計な心配なんですけどね、人ごとながらちょっと心配です。
    
2008-07-09(Wed)

アイスケーキ

手作りアイスは、ココアを混ぜたり、小豆の缶詰を混ぜたり、
いろいろとアレンジもきいてなかなか楽しい。
でも暑くなってきたので、さっぱりとしたおいしさも楽しみたいなッ!
というわけで、アイスケーキを作ってみました。

<材料>
生クリーム200ml
(砂糖大さじ2)お好みで。
無糖ヨーグルト1/2カップ
イチゴジャム1/2カップ
レモン汁大さじ2
バタークッキー4枚

<作り方>
生クリームに砂糖を入れてホイップする。
ホイップした生クリームに残りの材料をすべて入れて混ぜる。(バタークッキーは砕いて入れてください)
型にクッキングペーパーを敷いて流し込み、冷凍庫で冷やす。
かたまったら、型から外して食べやすい大きさにカットして完成。
conv0002 (5)


私は、砂糖は入れずに作りました。
使用するイチゴジャムにもよると思いますが、ちょっと甘いほうがいい方はお砂糖を加えてください。
バタークッキーも、もうちょっとサクサクが楽しみたい方は増量してください。
私は6枚使いました。

これをレシピというのか…というほどの簡単さ。
前のアイスクリームよりもさらに簡単!!
食感は、アイスケーキと言うよりは、アイスクリームに近いのですが、
さっぱりとしておいしかったです。
色もピンクでかわいいよね!
子どもたちにも好評で、おかわりして食べていました。
これからの季節、子どものおやつにもぴったり。
よろしければお試しくださいませ。




そうそう、庭のオクラに小さな実がつき始めました。
conv0001 (5)

オクラの実ってこんなふうに実るのですね~。
ロケットみたいでかわいいです。
実は私、オクラは苦手なのですけれど、これなら頑張って食べられそうかな。



2008-07-07(Mon)

新生姜の砂糖漬け

生姜の砂糖漬って縁日で時々売られていますよね。
私的には、ちょっと食べたいけれど、買うほどでもないくらいの印象なんですけれどね。
この冬に、あれを母が作っていたのを見て以来、新生姜がでたらきっと作ってみよう!と思っていたの。
そして、そろそろ新生姜の季節。
新生姜がお店に出るのを、今か今かと待っていた私。
conv0003 (3)

昨日、スーパーで見かけたときには、一人ニンマリしてしまいました。
その時の私は、アヤシイ人だったと思います…。

<材料>
新生姜200g
砂糖200g

<作り方>
まず、新生姜を薄くスライスします。
薄いほうが、辛味が少ないようです。私は、スライサーを使いました。

スライスした新生姜は、2~3回ゆでこぼします。
辛いのが苦手な方は、3回で。
conv0002 (3)


ゆでこぼした生姜と砂糖を鍋に入れます。水は入れません。
conv0004 (3)

こんな感じで、水を入れなくても、生姜がひたひたになるくらいは水が出るのです。

これを中火で焦げないように煮詰め、鍋の底に線が引けるくらいにします。
conv0005 (3)

上の写真よりも、ずいぶんに詰まっていますよね~。
こうなったら、鍋ごと濡れ布巾に上げるのです。

あげたら、すぐ鍋底からしっかりと混ぜてください。
ひたすら混ぜる!混ぜる!混ぜる!!
この作業、かなり力が要ります。結構重たいのです。
でも、そうするうちに、だんだんとシロップが砂糖に変わっていくのです。
すべて砂糖に変わったら完成。
conv0006 (3)

お味は、お砂糖の甘さと生姜の辛さも少し(当たり前なのですがw)。
ちょっと懐かしい…縁日の味がしますw
夫いわく、縁日のはもうちょっと固いらしいですが…。
食べ始めると、癖になるというのか…ついつい手が伸びてしまうので、蓋つき容器に移しました。

生姜は風邪の予防にもいいし、冷え性にもいいので、ありがたいですよね。

そうそう、ゆでこぼしたお湯は、お風呂に入れると温まっていいらしいです。
あと、鍋の底に生姜味の砂糖が残るので、こちらは紅茶などに入れるといいらしいですよ。
捨てるところなしなんて嬉しいです。

2008-07-07(Mon)

もやしがっ…

そろそろ1週間を超えましたもやしですが…。
実は、先日、忙しさの余りほんの1回水かえを怠りましたところ…
傷んでしまいました…。
それが直接の原因かどうかはわからないんですけれど、
ここにきて急に暑くなりましたので、やはりそれも一因となったことは事実だと思います。
もうすぐ食べられる♪って思っていただけに、すっごい悲しかったです。
ショックのあまり写真撮るのも忘れました…。

今度は、水かえ忘れない!!
絶対にもやし作って食べるのだ!!

実験はつづくのです。
懲りてない…w
2008-07-05(Sat)

もみしそ作り

梅干しも漬けて随分と時間がたちました。
そろそろ(義両親宅の)庭の赤シソもいい感じに育って来ました。
そろそろ「もみしそ」を作らなければいけないかなぁ…と考えていたころ、
お姑さんに「シソは土用干しの後に入れるのよ」と聞きました。
私の調べた限りでは、そう言う作り方は見当たらなかったのですが…?
いろいろな方にお聞きしたり、調べたりした結果、やっぱり今入れておこうと心にきめました。
「シソはまだだよ~」と言われたらどうしようと思いつつ、恐る恐るシソをいただきに。
意外とあっさりと、いただくことができました。
conv0001 (2)

こんな感じのシソです。
本当は梅干しには「ちりめん」という種類の赤シソがいいらしいのですが、
我が家はお庭にあるコレ使います。
品種は知りません…。

これを手でむしりとり、水できれいに洗います。
それから、水けをふきんでふき取りました。
この、水けをふき取る作業が結構大変と感じました。
conv0003 (2)

きれいに水分をふきとった赤シソです。これに塩を、赤シソの重量の1割。
今回は200gの赤シソを使ったので、塩は20gです。
本当は2kgの梅干しの場合、赤シソは250g使うのがいいらしいのですが、ちょっと足りませんでした。
ま、いいや。しかたないし。
シソに塩をして軽くもんで少し置き、しんなりしてきたらよくもみます。
もむと簡単にいいますが、結構力がいりました。グイグイと押しつけるように。
そして、もむと黒ーい灰汁がでてきます。
conv0006 (2)

ホラこんな感じ。いかにも灰汁って感じがしますw

灰汁をよく絞ったら、もみしその完成。
conv0005 (2)


ここまでできたら次は梅干しの出番です。
梅干しを樽ごと出してきて、梅酢を一度樽から容器に移します。
うまく漬かっているかな…ドキドキ…。
そーっと落としブタをとってのぞいてみると、梅干しらしくなった梅たちの姿♪
でも2個ほど白いカビが来ていました。
そこだけだったので、取り除いて事なきを得ましたが、あけてみないとわからないもんだなと思いました。

さて、移した梅酢にシソを入れてかるくほぐし、シソを梅の上に広げて入れます。
梅酢も戻して出来上がり。
シソを入れると、梅酢ってみるみるきれいな赤色に染まるのですね。
あまりにきれいな色で、見とれてしまいました。

あとは梅の重量の半分ほどの重しをして、紙でふたをかぶせ出来上がり。
出来上がってから、シソを乗せた梅の写真を撮り忘れたことに気付きまして。
conv0007 (2)

慌てて落としブタ代りのお皿の上から撮りました。
何度も出したり入れたりしてカビがきては嫌なので、これでお許しをw

重しですが、重さごとに何個も買うと置き場所にも困るので、
夫の提案により、500mlのペットボトルを清潔なビニール袋にいれたもので調整することにしました。
1kgなら2本。
いいか悪いかは知りませんが、500gごとで調整できるので便利かも。

あとは土用干しを待つのみ。さあ、どんなふうに仕上がるのかな。

そう言えば、赤シソをもらいに行った時お姑さんが、
「ちょこちゃんがシソ漬けるなら私もしようかな」って言ってました。
お姑さんも、シソ入れるのかな…。
それとも、梅酢でシソを漬けといて、土用干しの後に入れるってことなのかなぁ。
どんな梅干しができるのか楽しみだなぁ。


2008-07-05(Sat)

冷や汁(ひやしる)

ここ数年、ちょっと有名になってきた「ひやしる」についてです。

近頃テレビのお料理番組などで作るものは、何を使ってどんなお味がするのかを、
実はまったく知らなくって、今ちょっとネットで検索してみました。

わかったことは、
・共通するのは、きゅうり。
・あとは、豆腐とかアジの干物が多いらしい。
・ごま、大葉、みょうがなどの薬味がよくつかわれる。
・みそ味が多い。

そして、宮崎県の郷土料理ということになっているのですね。
私は香川県の、しかも私の育ったあたりの郷土料理だとずっと思っておりました…。
だって、他では誰も知らないし、ばーちゃんが昔から作っていたのですもの。

私は、ばーちゃんの作る田舎料理はどれも意外と好きだったのですが、
どうしても好きになれなかったもの…それが「ひやしる」でした。

実家の父はこれが大好物で、以前からよく食べているのを冷たい目で見ていた私ですが、
近頃特に「ひやしる」「ひやしる」っていうもので、そんなにおいしいのか!ということで、
あれから十数年もたった今、ばーちゃんの味を自分で再現してみることにしたのです。

これからご紹介する「ひやしる」は、私が子どものころから食べていた料理であり、
一般的な「ひやしる」とは違うかもしれませんので、ご了承くださいませ。

<材料>
胡瓜、ごま、いりこ、みそ、酢、砂糖、氷または冷水
・分量はすべて適当、味見をしてお好みに加減してください。

<作り方>
すり鉢に、いりことごまを入れて、小さくなるまでする。
conv0009.jpg

このように。
いりこは、細かく細かくはなりません。
適当に潰れたらOK!

次に胡瓜。
輪切りにして塩もみをしておきます。
conv0010_20080704232530.jpg


それから、すったいりことごまに、みそ、さとう、酢を入れます。
加減としては「酢みそあえ」くらいな割合の味加減かしら。
(みりんで調整してもいいけれど、うちは子どもがいるので、火を通さずに使うのが心配で、やめました。
みりんが使えた方が便利ですよね)
conv0011.jpg


胡瓜を軽く水洗いして、よく絞り、ここに投入。
すり鉢が大きければ、そのまますり鉢で最後まで作ってもいいのですが、
我が家のすり鉢は小さいため、ボウルへ移し替えました。

そして、よく混ぜたあと、氷を入れて冷やす!!
conv0012.jpg

本当は、もっともっとどんどん放り込みます。
でも、氷で冷やすと、これが溶けたときの味の濃い薄いがわかりづらいのです。
これが、カンというものなんでしょうが、経験のない私には無理。
なので、私は、冷水を使います。
味を見ながら冷水を入れて味を調整します。
conv0013.jpg

これで、冷蔵庫でよーく冷やして完成です。

お味は…おいしいんですよ、これが~w
胡瓜によく味がしみて。
子どもの頃、何で食べなかったのかわからないくらい、おいしいんです。
しかも、うちの子どもたち、食べる食べるw
子どもたちのおかわりの連続で、私、作ったのに2口しか口にできなかったです。
三女なんて、胡瓜は、これまで口に含んでは吐き出してたのに、
あっという間になくなりました…。

ばーちゃんの味再現成功w
会ったこともないひ孫にまで、ちゃんとばーちゃんの味伝えたからね。
2008-07-01(Tue)

麦藁帽子

いよいよリミットが迫っている麦藁帽子ですが(と言うか、もう今日から着て行っておりますが)
絵を描くのなら保育園に絵の具などを用意してくれているので、
そこへ書きに行かなければいけなくって。
でも、うちには1歳半の、一時たりともじっとしていない末っ子がいるので、それは無理。
絵はあきらめて、なにかしらで装飾してごまかすことにしたのです。
最初は、長女のときと同じように、布地でリボンを作って巻こうかと思ったのです。
conv0008 (3)

参考写真。2年前に作った長女の帽子。
余談ですが、この帽子も絵を描いた時には真っ白だったのですよ。
すっかり日焼けして麦藁帽子らしくなっていますw

が、ふと思いついて、手芸屋さんへ。
毛糸を数種類購入してきました。
conv0006 (7)

鉤針編みでお花を作り…。
帽子をお花畑にしようと考え付いたのです。

まず、ぐるりと花で取り囲み。。。
conv0001 (23)



これではお花畑にはものたりないので、もうちょっとお花をつけよう!と思って夫に相談したところ。
「いや、ボクはそれで十分だと思うよ」とのこと。


でもでも、これでは普通すぎる!!
と、夫のアドバイスも無視して花をつけてみたところ…



conv0007 (6)

なんだか頭に花が咲いたように…。
オメデタイ…?
オメデタすぎる??

夫に見せると
「ボク、アドバイスしたよね?」
「どうみたっておかしいよ」

「…バカっぽい?」と私。
「うん。」と夫。


そうだよね~…。
作っておきながらナンだけど、私もそう思うよ…。
見るたびに笑いが込み上げてくるもん。



ところが子どもに見せたところ、長女も次女も、このお花畑の帽子が気に入った模様。
どうやら子ども心はつかんだらしいが…。
とりあえず、あんまりなので、お花ははずしました。


でも、そのままでは子どもが満足しないのでは…??


そして、考えた結果の完成品。
(まだやったの?って思った…??w)




conv0012 (2)



最初よりは随分マシw



なんとなくお花畑っぽいイメージに仕上がったので、私としては満足。
夫も本心かどうか「カワイイ、カワイイ」と言ってくれましたし。
保育園にかぶっていくような帽子ではない気もしますが、それはおいといてw


さて、疑問に思った方もおいでるかと思うんですが、なぜ2個あるんだろう?
…次女の帽子を見て、長女が私も同じのがいいと言ってきかず、結局2個作ることになったのです。
長女の帽子も、まだ使えたのに…。
(あれだって、2年前必死で作ったのですからw)
たった2カ月しか使わないのに…。
でも、ま、喜んで着てくれるなら、私は嬉しいですが。


今朝は、みんな色とりどりの麦藁帽子で登園していたので、
展覧会を見に行ったようで、とっても楽しかったです。
どこの子どもさんの帽子も個性的で、とってもステキ。
うちの子の帽子など、それほど派手でもなければ、魅力的でもありませんでした。
ホント、目立たなかったんですよ。
センスのいい親御さんがたくさんいらっしゃるのだな~と感心しました。

ご訪問、ありがとうございます。
よろしくおねがいします。

ちょこクロ

Author:ちょこクロ

萬福屋入口です。
手作りを大切に思う和雑貨通販のお店
     
応援おねがいします!

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。